医療訴訟認容率とも

医療訴訟は医療過誤訴訟と呼ばれることもあり、これは一般的にわかりやすくいうと医療ミスに関する訴訟のことをいいます。
また、この訴訟の勝訴率は認容率ともいいますが、認容率というのは被害を受けて訴訟を起こした原告の請求が部分的にでも認められた件数をパーセンテージで表したもののことをいいます。


医療ミスにより患者が被害を受けた疑いがあって起こされる訴訟のため、多くの人は患者側が勝っている割合が高いと思うでしょう。
また、そのように思う人が多い背景としては、医療訴訟以外の通常訴訟では原告側の勝訴率が80%程度と非常に高いということも関係しているのかもしれません。


しかしながら、現実には違っており、患者側が有利とはいえない状況が長きにわたって続いています。
一般の民事訴訟と比較すると患者側の勝訴率が非常に低いのが医療訴訟の特徴なのですが、その理由としては、通常訴訟であれば勝算がない場合には勝てる見込みがなければ訴訟を起こしてまで争わないという選択も比較的容易にできますが、医療訴訟の場合には勝算のあるなしに関わらず真実が知りたい、謝罪をしてほしいという患者や患者が亡くなってしまった場合は遺された家族の思いなど、さまざまものがあります。


このサイトでは、具体的に患者側の認容率がどの程度あるのか解説すると共に、どうして通常訴訟のようにいかないのか、勝訴率が低い理由についても取り上げます。
この問題に関心がある人はぜひ一読してみてください。


≪Special Link≫
医療訴訟にも色々ありますが、B型肝炎の医療訴訟に特化した弁護士事務所のサイトです ⇒ B型肝炎 弁護士

Copyright © 2014 医療訴訟の勝訴率って? All Rights Reserved.